戌年カタログ(BtoB 販売店様向け)
2017/09/20

戌年・2018・平成三十年版カタログ(販売店様向け)です。

10月初旬〜11月の間に、全国の主要文具店等にて順次販売を開始致します。

一般のお客様向けパンフレットも準備中。こちらは各売り場で配布致します。

楽しみにお待ちください。

戌年カタログ(BtoB 販売店様向け)

J:COM TV取材
2017/08/20

杉並 J:COM TV「岸田健作とゆくぷらっと散歩道」の撮影取材がありました。8/20(日)

実は先月にはgenro&cafeを取材して頂いており、二度目の今回はGENRO和文具が対象。岸田健作さんとは、すでにお顔なじみです。

狭い店内で、取材クルーの皆さんにはご苦労をおかけしました。



J:COM TV取材

丸善 池袋店オープン
2017/08/10

本日8月10日(木)丸善 池袋店がオープンしました。

黄色とえんじ色の電車が目印の新築ビル1Fには、60席を越えるブック&ステーショナリーカフェ。

B1ステーショナリー フロアに降りていただくと、和文具コーナーにGENROのレターセット、シール、スタンプ&インクセットから選りすぐりの柄が並んでいます。

伊東屋池袋店(東武百貨店7F)とともに、池袋で2箇所目のGENRO売り場をご愛用ください。

丸善 池袋店オープン

木版はがき
2017/07/25

自宅の玄関にかけてある古い自作の木版葉書。

結婚のご挨拶と新住所をお知らせするために、自刻自摺したものです。

以後しばらくの間、定期的に自作の俳句と絵を木版葉書にして出すようになりました。

若き日の私たちは、貧しいけれど時間だけはたっぷりあったのです。

この葉書を受け取った俳句の石田勝彦先生と篆刻の菅原石廬先生のお二人から、それぞれ入門を勧めて頂くことにもなりました。

玄廬創業の発端ともなった木版葉書です。

木版はがき

銀座LOFT
2017/06/24

6月23日に銀座LOFTがオープンしました。

並木通りベルビア館3F~6F。

その5FにGENROの売り場が誕生しました。

幅2400×奥行1600の独立スペースで、全方向からお手に取ってご覧頂けます。

銀座伊東屋、東京鳩居堂に次ぐ、銀座で3カ所目のGENRO売り場となります。

銀座にお越しの節は、それぞれテイストの異なる3カ所の文具売り場をお楽しみください。

銀座LOFT

いちにち弟子
2017/06/20

先月、GENROの植栽手入れの日のツーショット。

左に立つ板倉造園さんは、雑木の庭づくりを手がけて40年あまりのベテラン庭師。

上井草GENROの作庭から、その後の手入れを一貫して手がけて下さって来ました。

玄廬主人(右・白シャツ)は剪定枝を集めたり、落ち葉を掃き集めたり、ゴミ袋を運んだり、毎年いちにち弟子をつとめます。

いちにち弟子

植栽の剪定
2017/06/14

GENROではこの5月に社屋植栽の剪定・手入れを行いました。

植栽は季節ごとに、そして年々変化します。
今回はアオハダ、ソヨゴ、モミジの若木を補植しました。

画像はそのアオハダ、モミジを植え終えた様子。
株立ち特有の柔らかい仕上りをお確かめください。



植栽の剪定

ステンシル・ワークショップ
2017/05/28

第7回井のいち「こもれびの庭」では、GENRO主催のステンシル・ワークショップも。幼いみなさま向けでしたが、大人の方のご参加もありました。笑

・型紙数種の中からお好きな2柄を選ぶ。
・無地のハガキに型紙を重ね、スタンプインクを指に付けて彩色する。
・出来上がったハガキ1枚の宛名面に、ご自分やご家族のご住所、お名前を書く。
・ご用意した切手を貼り、卓上のポストに入れて頂けば、こちらで郵便局に投函。

ステンシル・ワークショップ

第7回井のいちに参加しました。
2017/05/27

「井のいち」は、武蔵野台地を渡る「50m崖線」沿いの井エリアを背景に、ものをつくる人、芸術に関わる人、おいしいものをつくる人、それを楽しむ人たち、が集まる年に1回の催しです。

第7回「井のいち」
日時:2017年5月21日(日)10:00~16:00
会場:石神井氷川神社
主催:井のいち実行委員会

第7回井のいちに参加しました。

吾唯知足(われただたるをしる)
2017/05/06

NHKの「椿文具店」というTV番組で、禅語「吾唯知足(われただたるをしる)」の印が登場したらしいですね。

現在ネット検索するとゲンロの印がヒットする結果、予想外のご注文殺到で欠品状態になってしまいました。

連休明け5/9にはご用意出来ます。ご予約くださいませ。

(「10個在庫がある」状態に仮設定してあります)

吾唯知足(われただたるをしる)